• 旅客自動車・タクシーとハイヤーの乗務員

    運転手の人員がどこの会社も足りなくなっているとニュースでよく聞きます。

    ハイヤーの乗務員のことなら、こちらをご参考にしてください。

    転職サイトや雑誌では運転手募集の記事がたくさん掲載されています。

    運転手にはトラックなどの貨物自動車とタクシー・ハイヤーやバスなどの旅客自動車があります。ここでは旅客自動車について記述していきたいと思います。

    旅客自動車はお客さんを乗せて目的地へ送り料金をいただく仕事のことです。



    この仕事をするためには二種免許を取得する必要があります。
    多くの会社で入社後に教習所での二種免許取得費用を出してもらえるので、免許がなく未経験の方でも不安なく入社することができます。

    タクシーとハイヤーはどちらも似たような仕事ですが、タクシーは街中を走って自分でお客さんを見つけに行く仕事で、ハイヤーはお客さんからの注文が入ってから迎えに行く仕事です。



    街中で手を上げて乗ってくる一見さんを乗せるか専属の契約で利用されたり完全予約制かの違いがあります。

    タクシーの乗務員は乗せてから行き先を告げられるため臨機応変に対応する力が必要ですが、ハイヤーの乗務員は出庫前に行き先などを地図で調べられるので少しゆとりかあるかもしれません。


    ただ長く利用されているお客さんだと、いつも行く場所を間違えられたり教えないといけない状況になると、面倒だったり怒ったりすることもあります。

    乗務員や営業所の職員との連携ができてないと叱られることもあるので、しっかり調べて頭に入れておかないといけません。