レーザー脱毛の平均的な施術回数と休止期間について

バナー

レーザー脱毛の平均的な施術回数と休止期間について

レーザー脱毛を受ける回数の場合は、ムダ毛の処理をする場所によって異なります。例えば、脇の場合では平均施術回数は約6回になります。

また、施術に費やす時間は約10分程度で終わりますが、短い場合でも約5分の施術時間が必要となります。



腕の脱毛の場合では、約7回程度で終わり一回の施術時間は約30分となります。

また、これらの施術回数や時間は人によって異なります。

次は、レーザー脱毛をする上で欠かせない休止期についてです。



休止期とは、毛の周期によって一回の施術から次回の施術までのお休み期間を指します。

この休止期は脱毛場所や人にによって大きく変化します。


レーザーの場合では、毛が生えてくる時期に合わせて処理するため、処理後の数週間は休止期となります。

施術回数が増える事で休止期は長くなる事が特徴の1つです。

施術を始めた頃の場合では、平均的に数週間単位での休止期を設けますが、毛の生え方によっては約1ヵ月から2ヵ月に1回ペースの施術となる事もあります。
レーザーによる処理は、毛が成長している成長期に最も効果を発揮し、処理したばかりだと反応せず、再度処理を行う事ができないため休止期を設けています。


また、カウンセリング時に計画的な話をする事で、レーザーの照射期間の調整や通う日数を明確になり、脱毛を完全に終了したい時期に合わせた話を練る事が出来ます。



ただし、レーザーによる処理は、基本的に1年単位での計画を事前に自分で練っておき、カウンセリング時に話す様にしましょう。