• タクシー運転手とは違うハイヤー乗務員の仕事の特徴

    同じ自動車二種免許を活かして就くことができる仕事の代表がタクシー運転手とハイヤー乗務員ですが、最近ではタクシー運転手の経験を活かして、ハイヤー乗務員に転職しようとする人も少なくありません。
    ではそれぞれの仕事内容にはどのような違いがあるのかと言うと、まずはお客さんとの出合い方です。
    タクシー乗務員の場合は、街中を流したり駅前で待機したりと比較的自由に営業を行いますが、ハイヤーの場合はあらかじめ会社や営業所に待機しておき、お客さんからの要請があってから派遣されることになります。

    ハイヤーの乗務員に関する情報が幅広く集まります。

    そして、料金もメーターで計測するのではなく、時間単位の貸し切りで費用が発生します。基本的にお客さんは利用する車両と運転手を一定期間レンタルするという形になるため、車が出庫してから車庫に戻ってくるまでの費用を支払うことになります。

    そのため、運転手も個人の力量による歩合ではなく、一定の基本給での給与が支払われることが多いです。



    また、ハイヤーを利用するお客さんの多くは企業の重役や役員、政府関係者などのVIPであるケースが多いので、黒塗りの高級車両で派遣されることが多く、高度な運転技術はもちろん、礼儀正しさやコミュニケーション能力なども求められます。

    更に目的地まで正確な時間に到着しなければいけないことや安全にお送りすることが絶対条件になるので、独特なプレッシャーを感じながらの運転になることがほとんどです。



    そのため、ハイヤー乗務員への転職を目指すためには、まずタクシードライバーとしての経験を積んだ上で、高いサービス精神を身に付けることがお勧めです。